コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滝原 たきはら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

滝原
たきはら

三重県中南部,大紀町中北部の旧町域。熊野街道 (現国道 42号線) と大内山川に沿い,伊勢神宮別宮でアマテラスオオミカミをまつる滝原宮がある。一帯は奥伊勢宮川峡県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の滝原の言及

【大宮[町]】より

…町域の大部分は紀伊山地の東端に当たる山地で,河川沿いのわずかな低地に集落と耕地が開ける。中心集落は滝原で,伊勢神宮の別宮滝原宮があり,古代から明治初年まで神宮領であった。基幹産業は林業で,温暖多雨の気象条件に恵まれて杉,ヒノキの良材の産地となっている。…

※「滝原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

滝原の関連キーワード大宮(三重県)けやき木工品植芝 盛平大宮[町]喜納 昌永滝原宋閑山王峠教科書アユ大宮

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android