コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滝原 たきはら

1件 の用語解説(滝原の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

滝原
たきはら

三重県中南部,大紀町中北部の旧町域。熊野街道 (現国道 42号線) と大内山川に沿い,伊勢神宮の別宮でアマテラスオオミカミをまつる滝原宮がある。一帯は奥伊勢宮川峡県立自然公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の滝原の言及

【大宮[町]】より

…町域の大部分は紀伊山地の東端に当たる山地で,河川沿いのわずかな低地に集落と耕地が開ける。中心集落は滝原で,伊勢神宮の別宮滝原宮があり,古代から明治初年まで神宮領であった。基幹産業は林業で,温暖多雨の気象条件に恵まれて杉,ヒノキの良材の産地となっている。…

※「滝原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

滝原の関連情報