奥伊勢宮川峡県立自然公園(読み)おくいせみやがわきょうけんりつしぜんこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奥伊勢宮川峡県立自然公園
おくいせみやがわきょうけんりつしぜんこうえん

三重県中南部,宮川とその支流大内山川の流域一帯を中心とする自然公園。大台町大紀町にまたがる。面積 514.48km2。 1967年指定。宮川の最上流部は大台ヶ原山に続く大杉谷で,吉野熊野国立公園に属する。上・中流は宮川ラインと呼ばれ,船下り,アユ釣りで知られる。大内山川には険しくてイヌも進めぬといわれる犬戻峡など景勝地が多い。大台町には奥伊勢湖 (三瀬谷ダム) ,大紀町には伊勢神宮の別宮である滝原宮,サイクリングターミナル,阿曾温泉などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android