コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漁師鱶七 りょうし ふかしち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

漁師鱶七 りょうし-ふかしち

近松半二ら合作の浄瑠璃(じょうるり)「妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)」の登場人物。
難波(なにわ)の浦の漁師(じつは藤原鎌足(かまたり)の家臣金輪五郎今国)。おなじく家臣の猟師芝六とともに蘇我入鹿(そがの-いるか)を討つことを計画。嫉妬にくるう女の生き血と爪黒(つまぐろ)の女鹿の血を手に入れ,これをそそいだ笛をふいて鹿の性をもつ入鹿をほろぼす。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android