コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漁師鱶七 りょうし ふかしち

1件 の用語解説(漁師鱶七の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

漁師鱶七 りょうし-ふかしち

近松半二ら合作の浄瑠璃(じょうるり)「妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)」の登場人物
難波(なにわ)の浦の漁師(じつは藤原鎌足(かまたり)の家臣金輪五郎今国)。おなじく家臣の猟師芝六とともに蘇我入鹿(そがの-いるか)を討つことを計画。嫉妬にくるう女の生き血と爪黒(つまぐろ)の女鹿の血を手に入れ,これをそそいだ笛をふいて鹿の性をもつ入鹿をほろぼす。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

漁師鱶七の関連キーワード素浄瑠璃吾妻浄瑠璃世話浄瑠璃床浄瑠璃小春・治兵衛近松湖水軒二歩堂松田ばく八重垣姫八民平七

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

漁師鱶七の関連情報