コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嫉妬 しっとLa Jalousie

デジタル大辞泉の解説

しっ‐と【嫉妬】

[名](スル)
自分よりすぐれている人をうらやみねたむこと。「他人の出世を嫉妬する」
自分の愛する者の愛情が、他の人に向けられるのを恨み憎むこと。やきもち。悋気(りんき)。「夫の浮気相手に嫉妬する」
[補説]作品名別項。→嫉妬
[補説] 
2017年に実施した「あなたの言葉を辞書に載せよう。2017」キャンペーンでの「嫉妬」への投稿から選ばれた優秀作品。

◆人間を動かす大きな原動力。この世は妬み嫉みで出来ている。
harukoさん

◆相手を愛する反動。
りんままさん

◆独占欲を満たせないときに瞬時に生まれる、消しがたい感情。
ぐらんぱさん

◆SNSでの「いいね!」の裏の感情。
さん

◆幼稚で愚か、しかし切り捨てられない想い。
高野さん

しっと【嫉妬】[書名・曲名]

《原題、〈フランス〉La Jalousie》フランスの作家ロブ=グリエの小説。1957年刊。
《原題、〈チェコ〉Žárlivostヤナーチェクの管弦楽曲。1894年作曲。元はオペラ「イェヌーファ」の序曲として作曲された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

嫉妬

1949年公開の日本映画。監督:吉村公三郎、脚本:新藤兼人、撮影:生方敏夫。出演:佐分利信高峰三枝子久慈行子、太田恭二、宇佐美淳、小宮令子、幾野道子ほか。

嫉妬

チェコの作曲家レオシュ・ヤナーチェクの管弦楽曲(1894)。元々、オペラ『イェヌーファ』の序曲として構想された作品。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しっと【嫉妬 jealousy】

自分が所有したいと望むもの,または所有していると思うものを他人に奪われる際の苦痛の感情。所有欲ないし独占欲とそれが犯される危機感が条件だから,他人が自分より多くのものを持っていると感ずるだけでは,羨望は生じても妬は生じない。人間にとって最も基本的な感情の一つで,2,3歳の幼児でも弟や妹が生まれて母親からかまってもらえなくなると,母の愛情を奪われたと感じて弟や妹を嫉妬し,敵意を向ける。これをカイン・コンプレクスといい,アベルをねたんで殺した旧約聖書カインの故事に由来するが,さしずめカインは人類最初の嫉者だったことになる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しっと【嫉妬】

( 名 ) スル
人の愛情が他に向けられるのを憎むこと。また、その気持ち。特に、男女間の感情についていう。やきもち。悋気りんき。 「 -心」 「夫の愛人に-する」
すぐれた者に対して抱くねたみの気持ち。ねたみ。そねみ。 「友の才能に-をおぼえる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の嫉妬の言及

【アンビバレンス】より

…たとえば,愛する人が死んだとき,われわれは自分を責めるものだが,それは他方ではその人を憎んでいて,その死を願っていたため,あたかも自分が殺したかのように感じるからである。嫉妬もアンビバレンスの表れである。もし愛しか存在していないなら,恋人が別の人に走っても,その幸福を願うはずだから。…

※「嫉妬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

嫉妬の関連情報