漁業財団抵当法(読み)ぎょぎょうざいだんていとうほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「漁業財団抵当法」の解説

漁業財団抵当法
ぎょぎょうざいだんていとうほう

大正 14年法律9号。漁業権漁船および漁業用施設が存在する土地などを財団とし,その上に財団抵当を設定できるようにした法律である。財団を構成する財産権は法によって制限され,またその設定主体も,漁業権者に制限されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android