コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漁民運動 ぎょみんうんどう

1件 の用語解説(漁民運動の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

漁民運動
ぎょみんうんどう

漁民が,自分たちの社会的地位の向上や経済目的の達成のため,集団で大衆行動を起すこと。近世封建領主の過酷な漁業政策に対する一揆的反抗や集団的逃亡はもとより,近代になってからの租税重課や米価騰貴に反対する漁民騒動,さらに,現代にいたるまでの漁場埋立てや鉱害,煙害,工場排水などによる漁業被害に対するいわゆる反公害闘争は,とりわけ第2次世界大戦後になって,漁民の死活を制する組織的民主的運動となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漁民運動の関連キーワード学歴社会社会移動教職員組合労働組合(労組)士人紳士録農民一揆NAACP正当権力堀万吉

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone