逃亡(読み)とうぼう

精選版 日本国語大辞典「逃亡」の解説

とう‐ぼう タウバウ【逃亡】

〘名〙
① (━する) 逃げて身を隠すこと。のがれかくれること。ちょうぼう。ちょうもう。〔五国対照兵語字書(1881)〕 〔史記‐孟嘗君伝〕
② (━する) 特に、令制時代、本籍任地・居所などから不法に離れて行方不明になる違法行為。
※続日本紀‐和銅二年(709)一〇月丙申「容隠浮浪及逃亡仕丁等私以駈使」
※一兵卒の銃殺(1917)〈田山花袋〉二二「あと三日経過すれば、もう逃亡だ。つかまへられれば軍法会議に廻されて重い刑に附せられるのだ」

ちょう‐もう テウマウ【逃亡】

〘名〙 (「ちょう」は「逃」の慣用音、「もう」は「亡」の呉音) 人が他所へ逃れ去ること。特に中世、農民が領主に反抗しその圧政からのがれるための手段として他所に逃げ去ること。逃散(ちょうさん)。ちょうぼう。とうぼう。〔色葉字類抄(1177‐81)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「逃亡」の解説

逃亡
とうぼう

律令制下,公民が無断で本貫 (ほんかん) の地(本籍地)を離れて他所に移住すること
公民の逃亡は律令によって禁止されていたが,過大な税負担を免れるために逃亡する者はあとをたたず,奈良時代の計帳にもその記録がみえる。逃亡者の多くは荘園に流れこんだため荘園増加の傾向が促進され,国家財政の収入減の原因となった。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

デジタル大辞泉「逃亡」の解説

とう‐ぼう〔タウバウ〕【逃亡】

[名](スル)
逃げて身を隠すこと。「犯人が逃亡する」「敵前逃亡
律令制で、本籍地・任地から他郷へかってに離れること。
[類語]亡命逃げる逃れる免れる逃げ出す逃げ去る逃げ込む逃げ回る逃げ迷う逃げ惑う逃げ延びる落ち延びる逃げ切るずらかる後ろを見せる逃走遁走逃避

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の逃亡の言及

【走者】より

…逃者・逃人・出百姓(でびやくしよう)などともいう(《相良氏法度》《塵芥集》〈高梨文書〉)。逃亡を〈走る〉と表現する例は中世に広くみられるが,走者という語法はそれほど一般的ではない。その実態は被官・中間(ちゆうげん)・下人・百姓など多様であるが,逃散(ちようさん)のような組織的な公然たる抵抗をあらわす逃亡よりは,むしろ走入(はしりいり)・欠落(かけおち)など,負債や困窮を原因とする個別的なひそかな逃亡についていい,中世を通じてその例は多い。…

【浮浪・逃亡】より

…両者をあわせて〈浮逃〉とも略称される。通説的見解では,律令本来の規定としては,本籍地を離脱した者のうち,他国にあって課役を全部出す場合が浮浪であり,課役を出さない場合が逃亡であるが,現実政治の上では両者はしばしば混同されて扱われた。律令政府は〈浮逃〉に対して厳罰をもってのぞみ,可能なかぎり本籍地への送還をおしすすめたが,715年(霊亀1)に発せられた格によって,それぞれの現住地において戸籍に登録し,そこで課役を負担させるという,実情にあわせた政策に転換したとされている。…

※「逃亡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android