到来(読み)トウライ

  • とうらい タウ‥
  • とうらい〔タウ〕

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
時機や機運の来ること。「好機が到来する」
他からの贈り物が届くこと。また、その物。「到来の品」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① とどくこと。到達すること。いたりつくこと。到着。
※万葉(8C後)一八・四〇七三・右詞文「以今月十四日、到来深見村
※将門記(940頃か)「状同月廿八日に到来せり」
② 機運などが向いてくること。時機がくること。
※明衡往来(11C中か)上末「右今日者。二星適相会之期。三秋即到来之初也」
※徒然草(1331頃)四一「我等が生死の到来、ただ今にもやあらん」
③ よそからの贈り物が届くこと。他から物を贈ってくること。また、その物。到来物。
※正秀宛芭蕉書簡‐元祿四年(1691)閏八月一〇日「此柿少堅田より庭前もぎたて到来候間」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

到来の関連情報