漆かき(読み)うるしかき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

漆かき
うるしかき

漆を採集する技術,または漆を採集して歩く人たちのこと。一般に農家の副業として行われ,漆器の産地に近い村々の人たちが多く,特に能登や会津地方からの出稼ぎが知られている。漆かきは6月から始められ,木に刃物で小さな傷をつけて,そこから流れ出る樹液を桶に移して集める。コロシカキといって,5日おきに5度ほど傷をつけ,最後に枝をおろして伐採し,次の年に新しく芽を出させる方法と,イケガキといって,1期間で木を伐採せずに数年間にわたって採取する方法がある。集めた漆は漆桶に入れ,密封して送られた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

漆かきの関連情報