コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漆判 ウルシバン

デジタル大辞泉の解説

うるし‐ばん【漆判】

江戸時代、奈良晒(ならざらし)などの布に押した、「極」の字の検査済み印。消えないようにを使った。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うるしばん【漆判】

江戸時代、奈良晒ならざらしなど布類の検査に押した吟味所の漆の印。角印で布の織り始めに押す。いつまでも消えないよう漆を用いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

漆判の関連キーワード江戸時代奈良晒ざらし漆木綿角印

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android