ぞい(読み)ゾイ

デジタル大辞泉の解説

[連語]《終助詞「ぞ」+終助詞「い」。近世語》活用語の終止形に付いて、単独の「ぞ」よりいくぶん柔らかい、聞き手への働きかけの気持ちを表す。終助詞「な」「なあ」「の」などを伴うこともある。
「膽玉(きもたま)の小さいくせに、何で腹があらう―」〈滑・浮世床・初〉
「わしが嚊(かか)が、いつ疫病で死んだ―な」〈滑・膝栗毛・七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

(終助詞の「ぞ」と「い」とが重なったもの) この下にさらに感動の終助詞「な」「なあ」「の」などがつくこともある。単独の「ぞ」よりも聞き手への働きかけがいくぶんやわらかい。
※虎明本狂言・鈍太郎(室町末‐近世初)「なふそなたのなりは、ぶっきゃうや、何事ぞひなふ」
※小鳥の巣(1910)〈鈴木三重吉〉上「ひひひ、あれはいいのぞい。私が何するのに置いたのぢゃけ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぞいの関連情報