コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈良晒 ナラザラシ

4件 の用語解説(奈良晒の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なら‐ざらし【奈×晒】

慶長年間(1596~1615)以来、奈良地方で産出した麻の晒し布。生平(きびら)を漂白した上質なもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

奈良晒【ならざらし】

奈良近在で産出した麻織物。僧侶の袈裟(けさ)用の需要で始まり,室町初期には奈良に布座があった。16世紀末に晒技術が改良され,徳川幕府の保護を受けて急速に発展。武士の(かみしも),町人の礼服など,奢侈的需要に応ずる高級布としての地位を確立。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ならざらし【奈良晒】

江戸初期以来、奈良県月ヶ瀬地方から産出した天日晒しの高級麻布。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奈良晒
ならさらし

奈良曝とも書く。奈良地方で生産されてきた麻織物で、天日晒されたものをいう。麻の生平(きびら)をさらし純白にしたもので、日本の麻織物のうちでも代表的な高級品とされてきた。一説には、奈良晒は文禄(ぶんろく)・慶長(けいちょう)年間(1592~1615)に始まったともいわれ、農家の副業として行われ、盛んに製織された。『万金産業袋』には、麻の最上品と記されている。生産工程は、農閑期に手績(う)みにより糸をつくり、織り上げたのち、灰汁(あく)に浸(つ)けて不純物をとり、臼(うす)で搗(つ)いて柔軟性をもたせたのち河原や野原でさらした。このさらし方を天日晒というが、生平の織物に水を打ち、太陽に曝露(ばくろ)することにより、過酸化水素晒の効果をもたらすことになる。白地、あるいは染色して帷子(かたびら)・肌着などに使用してきた。現在では、奈良の月ヶ瀬でわずかに生産が続けられている。奈良県指定の伝統工芸品で、のれんや室内装飾品などに用いられている。[角山幸洋]
『奈良県立民俗博物館編・刊『奈良晒――近世南都を支えた布』(2000)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の奈良晒の言及

【晒木綿】より

…小幅の生木綿地を漂白したもの。単にさらしとも呼ぶ。愛知県知多半島亀崎地方産出の知多木綿を,独特のさらし方を行って漂白した知多ざらしが有名。ほかに近江ざらし,野洲(やす)ざらしなども少量の生産がある。普通,やや太番手の綿糸を使い,あらく織った平織物で仕上幅32cm,長さ9.2~9.5mを1反とする。さらし上がりは柔らかく吸水性に富み,手拭(てぬぐい)地,和装肌着,産着,腹巻など広く使われる。麻織物のさらしでは苧麻の皮を陰干しにした青苧(あおそ)を原料とし,天日で漂白した奈良ざらし,野洲ざらしが起源も古く,奈良ざらしは現在なお少量ながら生産されている。…

【上布】より

…細密で品質のよい上等の麻布をいい,平織の夏着尺地を指す。〈上布〉の語は,献上,上納された布の意との説もあるが,江戸時代には上布,中布,下布などの呼称があり,糸の細いものを上布と呼んだ。日本に自生,もしくは植栽する苧麻(ちよま)(カラムシ,ラミー)や大麻から採った苧(お)を,細かく精良に手績(てうみ)した糸を経緯に使い織り上げたもので,越後上布宮古上布,八重山上布,能登上布等が歴史も古く有名である。…

【奈良[市]】より

… 産業別人口構成(1995)では第3次産業人口が72%,第2次産業人口は25%を占め,消費都市的性格が強い。工業は近世以来盛んとなったもののうち現在でも墨,筆は全国に占める割合が大きく,ほかに奈良塗,うちわ,扇子,赤膚(あかはだ)焼,乾漆彫刻,新しい素材による模写面,奈良晒(さらし)の伝統をつぐ麻手織物,秋篠(あきしの)手織,春日杉細工など,いずれも古い歴史とその風土の中ではぐくまれてきたものが多い。製造品出荷額(1995)は県の10%を占めるにすぎず,近代工業はふるわないが,旧市街地南部の京終(きようばて),肘塚(かいのづか)付近には零細工場が多く,その西部の西九条工業団地,佐保・都跡(みやと)地区には比較的規模の大きい工場が多い。…

※「奈良晒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

奈良晒の関連キーワード九条の袈裟五条の袈裟七条の袈裟墨染めの袈裟・墨染の袈裟忍辱の袈裟麻織津綟子衲の袈裟錦の袈裟

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

奈良晒の関連情報