コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漉し餡 コシアン

デジタル大辞泉の解説

こし‐あん【×漉し×餡】

煮た小豆などをすりつぶし、裏ごしして皮を除き、砂糖や塩を加えて作ったあん。→潰(つぶ)し餡

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

こしあん【漉し餡】

あずきなどの豆をやわらかく煮てつぶし、こして皮を除いたあと、砂糖を加えて火にかけ練って作ったあん。あずきのものをいうことが多いが、白いんげん豆の白あんなどもいう。◇「練りあん」ということもある。⇒つぶしあん粒あん小倉あん

出典|講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

こしあん【漉し餡】

小豆あずきなどを柔らかく煮て漉し、皮などを除いて、砂糖を加え練った餡。 → 粒餡つぶあん

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

漉し餡の関連キーワード塩瀬まんじゅう薄皮まんじゅう和蘭ばってん棒焼きまんじゅう小倉(アズキ)羽二重だんご歓喜おだん志ほみ饅頭練り羊かん丁稚羊かん練り切り夜越の月わらび餅秋田諸越ういろう羊かん夏の霜木目羹善哉餅葛桜

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

漉し餡の関連情報