コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小倉餡 オグラアン

デジタル大辞泉の解説

おぐら‐あん〔をぐら‐〕【小倉×餡】

小豆の漉(こ)し蜜漬小豆をまぜた餡。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

おぐらあん【小倉餡】

あずきのこしあんにみつ煮にしたあずきを粒のまま混ぜたあん。また、粒をほとんどつぶさずに作る製法の粒あん。一般的な製法の粒あんやつぶしあんをいうこともある。⇒粒あんつぶしあんこしあん

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

おぐらあん【小倉餡】

小豆あずきの漉し餡に、蜜煮にした大納言小豆を粒のまま混ぜたもの。また、粒餡をもいう。おぐら。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

小倉餡の関連キーワード日本料理/おもな調理用語小倉羹・小倉羮起き上り最中茶の間しぐれ小倉アイスきぬの清流じゃんがら大納言小豆小榑最中栗羊かん御代の春梅坪最中樽丸最中小倉汁粉秋色最中盛々饅頭御所車京観世羊羹粽粒餡

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android