漬つ/沾つ(読み)ヒツ

デジタル大辞泉の解説

ひ・つ【漬つ/×沾つ】

《江戸中期からは「ひづ」とも》
[動タ四]ぬれる。ひたる。
「嘆きつつますらをのこの恋ふれこそ我が結ふ髪の―・ちてぬれけれ」〈・一一八〉
[動タ上二]に同じ。
「袖―・つる時をだにこそなげきしか身さへ時雨のふりもゆくかな」〈かげろふ・中〉
[動タ下二]ぬらす。ひたす。
「あまぐものはるかなりつる桂川袖を―・てても渡りぬるかな」〈土佐
[補説]四段活用から上二段活用になったのは平安中期といわれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひずつ【漬つ】

( 動四 )
濡れる。また、泥で汚れる。 「赤裳の裾の春雨ににほひ-・ちて/万葉集 3969」 「我妹子わぎもこが赤裳-・ちて植ゑし田を/万葉集 1710

ひつ【漬つ】

( 動 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android