コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漬つ/沾つ ヒツ

デジタル大辞泉の解説

ひ・つ【漬つ/×沾つ】

《江戸中期からは「ひづ」とも》
[動タ四]ぬれる。ひたる。
「嘆きつつますらをのこの恋ふれこそ我が結ふ髪の―・ちてぬれけれ」〈・一一八〉
[動タ上二]に同じ。
「袖―・つる時をだにこそなげきしか身さへ時雨のふりもゆくかな」〈かげろふ・中〉
[動タ下二]ぬらす。ひたす。
「あまぐものはるかなりつる桂川袖を―・てても渡りぬるかな」〈土佐
[補説]四段活用から上二段活用になったのは平安中期といわれる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひずつ【漬つ】

( 動四 )
濡れる。また、泥で汚れる。 「赤裳の裾の春雨ににほひ-・ちて/万葉集 3969」 「我妹子わぎもこが赤裳-・ちて植ゑし田を/万葉集 1710

ひつ【漬つ】

( 動 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

漬つ/沾つの関連キーワード万葉集時雨てて浸す

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android