コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漸近式 ぜんきんしきrecurrence formula

世界大百科事典 第2版の解説

ぜんきんしき【漸近式 recurrence formula】

領域Dで定義された関数f(x)とDの境界点aに対して,となる関数g(x)が存在するとき,g(x)をxaに近づくときのf(x)の漸近式という。これをf(x)~g(x)と表すことにする。x→+∞のときのガンマ関数,の漸近式を与えるスターリングの公式はこの例である。漸近式は数列に関しても使われることがある。数列{an}に対して,となる数列{bn}が存在するとき,{an}と{bn}は漸近的に等しいという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

漸近式の関連キーワードスターリングガンマ関数数列

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android