漸近式(読み)ぜんきんしき(英語表記)recurrence formula

世界大百科事典 第2版の解説

ぜんきんしき【漸近式 recurrence formula】

領域Dで定義された関数f(x)とDの境界点aに対して,となる関数g(x)が存在するとき,g(x)をxaに近づくときのf(x)の漸近式という。これをf(x)~g(x)と表すことにする。x→+∞のときのガンマ関数,の漸近式を与えるスターリングの公式はこの例である。漸近式は数列に関しても使われることがある。数列{an}に対して,となる数列{bn}が存在するとき,{an}と{bn}は漸近的に等しいという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android