コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潘南面古墳群 ばんなんめんこふんぐんPannammyŏn‐kobungun

世界大百科事典 第2版の解説

ばんなんめんこふんぐん【潘南面古墳群 Pannammyŏn‐kobungun】

韓国,全羅南道羅州郡潘南面の紫微山周辺の低い丘陵地に立地し,新村里,徳山里,石川里,興徳里にまたがって分布する三国時代百済の墳墓群。大小30基以上が,七つの支群に分かれる。そのうち,1917,18年と39年にそれぞれ6基と,78年に1基が発掘調査された。円形または方台形の一つの墳丘内に,1個ないし7~8個の陶質甕棺(かめかん)を埋葬施設とするものが多いが,興徳里所在の一墳墓のように,横穴式石室を2基連接したものや,大安里5号墳のように,横穴式石室もみられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報