コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潜思 せんし

大辞林 第三版の解説

せんし【潜思】

( 名 ) スル
心をしずめて深く考えること。 「闃然げきぜん寂静なる裡に-黙想せば/日本風景論 重昂

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

潜思の関連キーワード日本風景論奥平正安馮至潜考

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android