沈思(読み)チンシ

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)深く考え込むこと。いろいろと思案すること。
「枯木のごとく、冷然と―している」〈紅葉・二人女房〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
深く考えこむこと。深く思いに沈むこと。 ああ卿何をかまた-する所ある/世路日記 香水

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 深く考えこむこと。案にふけること。また、詩句を思いめぐらすこと。熟考。沈想。
※菅家後集(903頃)傷野大夫「沈思雖神妙、如大夫者二三無」
※筑波問答(1357‐72頃)「如何に沈思し給ふとも、よきはあるまじきなり」 〔陸機‐擬渉江采芙蓉詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

沈思の関連情報