コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潮する チョウスル

デジタル大辞泉の解説

ちょう・する〔テウする〕【潮する】

[動サ変][文]てう・す[サ変]おもてにあらわす。表面に見せる。多く「紅を潮する」の形で顔を赤らめるの意に用いる。
「面に紅を―・して我手を取り」〈鴎外訳・即興詩人

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうする【潮する】

( 動サ変 ) [文] サ変 てう・す
おもてに表す。多く、「紅を潮する」の形で、顔が赤らむの意に用いる。 「満面に紅こうを-・す/花柳春話 純一郎

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

潮するの関連キーワード茶道(ちゃどう)ハートフィールドモモイロペリカン日蓮聖人註画讃ゲラダヒヒ感潮河川実験映画児童画死斑高潮育児

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

潮するの関連情報