コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潮する チョウスル

デジタル大辞泉の解説

ちょう・する〔テウする〕【潮する】

[動サ変][文]てう・す[サ変]おもてにあらわす。表面に見せる。多く「紅を潮する」の形で顔を赤らめるの意に用いる。
「面に紅を―・して我手を取り」〈鴎外訳・即興詩人

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうする【潮する】

( 動サ変 ) [文] サ変 てう・す
おもてに表す。多く、「紅を潮する」の形で、顔が赤らむの意に用いる。 「満面に紅こうを-・す/花柳春話 純一郎

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

潮するの関連情報