花柳春話(読み)かりゅうしゅんわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「花柳春話」の解説

花柳春話
かりゅうしゅんわ

明治初期の代表的な翻訳小説。 1878~79年刊。イギリスの政治家 E.G.リットン卿の小説『アーネスト・マルトラバーズ』とその続編アリス』を丹羽 (織田) 純一郎が抄訳したもの。上流階級出身の主人公アーネストと庶民の家に生れた女主人公アリスが相思間柄となり,多くの障害を乗越え,試練うちかったのち,めでたく結ばれるという筋で,ゲーテの『ウィルヘルム・マイスター』の流れをくむ一種教養小説である。原作は特に傑作というほどのものでなく,訳文も当時流行の漢文直訳体だが,西洋小説の最初の本格的な翻訳紹介として清新な感動を与え,大いに世に迎えられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「花柳春話」の解説

かりゅうしゅんわ〔クワリウシユンワ〕【花柳春話】

織田純一郎の翻訳小説。明治11年(1878)刊。英国の作家リットンの「アーネスト=マルトラバーズ」(1837年作)とその続編を原作とする。富裕層の年アーネストが、さまざまな困難を乗り越えて愛する女性と結ばれるまでを描く。欧州奇事花柳春話。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android