コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

濃飛流紋岩類(読み)のうひりゅうもんがんるい

世界大百科事典 第2版の解説

のうひりゅうもんがんるい【濃飛流紋岩類】

岐阜県飛驒,東濃地方から長野県木曾地方にかけて分布する白亜紀後期の酸性火山岩類。古くは花コウ質斑岩,石英斑岩などと呼ばれたが,1960年代初めに主として溶結凝灰岩からなることが明らかにされ,現在の名称に変わった。北西~南東方向に約120km連続し,厚さは2000m以上で,全容積は1万km3を超える。花コウ斑岩など同源の半深成岩類を各所に伴い,また白亜紀末の花コウ岩類の貫入により,広く熱変成作用を受けている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android