コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

濃飛流紋岩類 のうひりゅうもんがんるい

1件 の用語解説(濃飛流紋岩類の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

のうひりゅうもんがんるい【濃飛流紋岩類】

岐阜県飛驒,東濃地方から長野県木曾地方にかけて分布する白亜紀後期の酸性火山岩類。古くは花コウ質斑岩,石英斑岩などと呼ばれたが,1960年代初めに主として溶結凝灰岩からなることが明らかにされ,現在の名称に変わった。北西~南東方向に約120km連続し,厚さは2000m以上で,全容積は1万km3を超える。花コウ斑岩など同源の半深成岩類を各所に伴い,また白亜紀末の花コウ岩類の貫入により,広く熱変成作用を受けている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone