コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石英斑岩 せきえいはんがんquartz porphyry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石英斑岩
せきえいはんがん
quartz porphyry

石英およびアルカリ長石 (主として正長石) の斑晶を有し,明確な斑状組織を有する酸性の半深成岩または貫入岩石基は微晶質ないし潜晶質。白雲母あるいは黒雲母の斑晶を含むこともある。これらの斑晶の量比の大きいものを花崗斑岩という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

石英斑岩【せきえいはんがん】

花コウ斑岩のなかで特に斑晶の少ないもの。斑晶がほとんどないときは,石基が隠微晶質ならフェルサイト,微晶質〜顕晶質(細粒)なら細粒花コウ岩という。
→関連項目笠ヶ岳

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

岩石学辞典の解説

石英斑岩

石英とアルカリ長石の斑晶をもつ岩石で,斑晶は一般に正長石で,雲母を含む場合もある.石基は潜晶質または微結晶質である.斑晶の量が非常に多くなると花崗斑岩(granite-porphyry)に移行する.一方斑晶が少なくなると石英珪長岩または微花崗岩となる.初期の欧州の岩石学者は花崗岩に相当する噴出岩で第三紀および先第三紀の岩石を石英斑岩とし,第三紀以後の岩石を流紋岩とした[Tomkeieff : 1983].ホルンストーン斑岩(hornstone-porphyry)[Cotta : 1862].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せきえいはんがん【石英斑岩 quartz porphyry】

花コウ岩(または流紋岩)質の斑状貫入岩。石英斑晶が肉眼的に目立つために石英斑岩と呼ばれるが,実際には長石類の斑晶も多い。石基は極微粒で火山岩的である。花コウ斑岩と似るが,これよりも浅成急冷の環境下で固結したものであり,したがって岩脈などの小規模岩体を形成することが多い。日本では白亜紀~古第三紀の噴出岩である溶結凝灰岩が誤認され,石英斑岩と呼ばれたことがある。【石原 舜三】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

せきえいはんがん【石英斑岩】

火成岩の一。石英・正長石などの斑晶を含む。岩脈・岩株、また花崗岩の周縁の岩体として出現する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石英斑岩
せきえいはんがん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

石英斑岩の関連キーワード猪名川渓谷県立自然公園花コウ斑岩(花崗斑岩)ケリョン(鶏竜)山グラニュロファイア長門峡県立自然公園花コウ(崗)斑岩微花崗岩質組織レオパルダイト斑状変成凝灰岩湯本[温泉]タスピナイトヴェルカノ珪長斑岩質ユーライト結晶ひん岩エオ流紋岩紫雲出山中山七里ネバダ岩大佐飛山

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android