コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火串 ホグシ

デジタル大辞泉の解説

ほ‐ぐし【火串】

火をつけた松明(たいまつ)を挟んで地に立てる木。夏の夜、これに鹿などの近寄るのを待って射取る。 夏》
のろしの台の上に立て、柴などをかけるくい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほぐし【火串】

夏山における狩りで、鹿をおびき寄せるための照射ともしのたいまつを挟んでおく木。 [季] 夏。 「五月闇-にかかるともし火の/栄花 歌合
のろしの土台に立てるくい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

火串の関連キーワード高桑闌更狙ひ狩りたいまつ五月闇下つ闇松明夏山歌合

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android