コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火串 ホグシ

デジタル大辞泉の解説

ほ‐ぐし【火串】

火をつけた松明(たいまつ)を挟んで地に立てる木。夏の夜、これに鹿などの近寄るのを待って射取る。 夏》
のろしの台の上に立て、柴などをかけるくい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほぐし【火串】

夏山における狩りで、鹿をおびき寄せるための照射ともしのたいまつを挟んでおく木。 [季] 夏。 「五月闇-にかかるともし火の/栄花 歌合
のろしの土台に立てるくい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

火串の関連キーワード高桑闌更狙ひ狩りたいまつ五月闇下つ闇松明夏山歌合

今日のキーワード

フェイクニュース大賞

第45代米国大統領のドナルド・トランプが、自らについての報道の中で事実と異なる不公平な報道をしたと主張する、2017年のニュースに贈った賞。18年1月17日に自身のTwitterで発表し、共和党のウェ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android