火山群(読み)かざんぐん

精選版 日本国語大辞典「火山群」の解説

かざん‐ぐん クヮザン‥【火山群】

〘名〙 独立した火山が一地域に集中してを成しているもの。火山帯より小さい。長野県八ケ岳火山群、福島県吾妻火山群、山形県蔵王火山群など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「火山群」の解説

かざん‐ぐん〔クワザン‐〕【火山群】

噴出した時代やその成因などが互いに密接な関係にある火山の集まり。福島県の吾妻(あづま)火山群など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android