コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火山豆灰 かざんまめばいash pisolite; accretionary lapilli

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

火山豆灰
かざんまめばい
ash pisolite; accretionary lapilli

火山灰が球状に固結したもの。火山豆石ともいう。火山灰が雨滴に吸着し,落下する途中に同心円状に成長したものが多く,雨滴が細粒の火山灰を転動した成因も考えられる。径 1cm内外のものが多い。日本の凝灰岩に普通みられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android