コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火成論 カセイロン

2件 の用語解説(火成論の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かせい‐ろん〔クワセイ‐〕【火成論】

地球内部の火の力を重視し、花崗岩(かこうがん)玄武岩マグマの冷却固結でできるという説。18世紀末、英国のハットンらが唱え、水成論を唱えたドイツのA=G=ウェルナーらとの大論争を経て認められた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かせいろん【火成論】

岩石の生成について、地球内部の火(熱)の作用を重視した学説。一八世紀末、イギリスのハットンらによって主張された。ドイツのウェルナーらの水成論と対立。火成説。 ↔ 水成論

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

火成論の関連キーワード花崗岩化作用花崗岩花崗岩系列原地花崗岩甲切花崗岩低レベル花崗岩カルシ花崗岩黒花崗岩白花崗岩破砕花崗岩ヘブライ花崗岩