コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火成論 カセイロン

大辞林 第三版の解説

かせいろん【火成論】

岩石の生成について、地球内部の火(熱)の作用を重視した学説。一八世紀末、イギリスのハットンらによって主張された。ドイツのウェルナーらの水成論と対立。火成説。 ↔ 水成論

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

火成論の関連キーワードドロミューライエル花崗岩ブーフ

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android