コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火成 カセイ

デジタル大辞泉の解説

か‐せい〔クワ‐〕【火成】

マグマの活動によって生じること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

岩石学辞典の解説

火成

一般に火成岩と同じと考えられる.フィトンはこの語を,火成岩のみならず変成岩も含めて,ライエルハイポジン(hypogene)と置換えることを提案した[Fitton : 1839, Grabau : 1904].ギリシャ語のpyrは火のこと.

火成

火成岩(volcanic, effusive)に用いられる語で,時に一般的な火成岩として使用される[Shand : 1947].ナウマンによって1849年にEruptivgesteineとして使用された[Naumann : 1849, 1858].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

かせい【火成】

マグマの活動によって生成する意。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

火成の関連キーワード被貫入ホルンフェルス捕獲岩状お化け片麻岩インジェニティックエンドブラステシスヘルシンカイト相ペグマタイト鉱床イグニジェナウス角閃石斑糲岩相開析された島弧エキソティック火成榴輝岩相接触交代鉱床正マグマ鉱床初生変質作用火山灰編年学浅熱水鉱床ナイサイト火成片麻岩鉱床生成区マグマ鉱床

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android