コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火成 カセイ

デジタル大辞泉の解説

か‐せい〔クワ‐〕【火成】

マグマの活動によって生じること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

岩石学辞典の解説

火成

一般に火成岩と同じと考えられる.フィトンはこの語を,火成岩のみならず変成岩も含めて,ライエルハイポジン(hypogene)と置換えることを提案した[Fitton : 1839, Grabau : 1904].ギリシャ語のpyrは火のこと.

火成

火成岩(volcanic, effusive)に用いられる語で,時に一般的な火成岩として使用される[Shand : 1947].ナウマンによって1849年にEruptivgesteineとして使用された[Naumann : 1849, 1858].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

かせい【火成】

マグマの活動によって生成する意。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

火成の関連キーワード被貫入ホルンフェルス捕獲岩状お化け片麻岩エンドブラステシスインジェニティックイグニジェナウスヘルシンカイト相ペグマタイト鉱床角閃石斑糲岩相エキソティック開析された島弧火成榴輝岩相正マグマ鉱床火山灰編年学接触交代鉱床初生変質作用鉱床生成区浅熱水鉱床ナイサイトマグマ鉱床火成片麻岩

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android