コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火成鉱床 かせいこうしょう igneous deposit; magmatic deposit

6件 の用語解説(火成鉱床の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

火成鉱床
かせいこうしょう
igneous deposit; magmatic deposit

マグマの発生から,マグマの移動,固結にいたる過程は,地下深部から地殻上部への元素の分化をもたらすもので,多くの重要な鉱床はこの過程でつくられる。このようなマグマ過程を通じて形成される鉱床には,正マグマ鉱床ペグマタイト鉱床熱水鉱床などいろいろのものがあるが,火成鉱床はこれらのすべてを含む鉱床の総称。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かせい‐こうしょう〔クワセイクワウシヤウ〕【火成鉱床】

マグマが冷え固まる過程で、特定の元素が濃集してできる鉱床。正マグマ鉱床ペグマタイト鉱床・熱水鉱床などがあり、特に、正マグマ鉱床をさす。マグマ鉱床

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

火成鉱床【かせいこうしょう】

マグマ鉱床とも。マグマの冷却固結・分化の過程で特定の鉱物が濃集して形成された鉱床の総称。鉱床を成因によって三大別した場合,堆積鉱床変成鉱床に対置される一群の鉱床。
→関連項目鉱床

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かせいこうしょう【火成鉱床 igneous deposit】

マグマの活動(火成作用)に関係した地質現象により生成される鉱床で,マグマ性鉱床magmatic depositともよばれる。堆積鉱床変成鉱床とならんで鉱床を成因上で三大別したうちの一つである。マントル上部あるいは地殻下部で発生したマグマは,上昇して地殻上部に貫入あるいは地表に噴出する。この間に冷却するにしたがって固相を晶出し,水やガスなどを放出する。このような地質現象により,有用な元素や鉱物が濃集したものが火成鉱床である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かせいこうしょう【火成鉱床】

マグマの固結作用の過程で形成された鉱床の総称。正マグマ鉱床・ペグマタイト鉱床・熱水鉱床・接触交代鉱床など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

火成鉱床
かせいこうしょう
igneous deposit

マグマの活動(火成作用)によって生成される鉱床で、マグマ鉱床ともいう。堆積(たいせき)鉱床、変成鉱床と並んで、成因により鉱床を三大別したうちの一つにあたる。マントル上部あるいは地殻下部で発生したマグマは、地殻上部に貫入し一部は地表に噴出する。この間に冷却してさまざまな鉱物を晶出し、熱や水、ガスなどを周囲へ放出する。このようなマグマの活動により、有用な元素や鉱物が濃集したものが火成鉱床である。火成鉱床は正マグマ性鉱床と熱水鉱床に大別されるが、ペグマタイト鉱床というこの中間の性質をもつタイプも存在する。
 正マグマ性鉱床は、有用な金属を含む鉱物がマグマから直接晶出してできる鉱床である。通常のマグマ(ケイ酸塩溶融体)からチタン鉄鉱、クロム鉄鉱などが晶出し、これらが沈積、集合してできるチタンやクロムなどの鉱床と、特殊な組成をもつマグマ(たとえば硫化物溶融体・酸化物溶融体・炭酸塩溶融体など)が固結してできるニッケル、白金、希土類元素の鉱床などが代表例である。
 通常のマグマは、多いときには数(重量)%程度の揮発性物質(おもに水やハロゲンガス)を溶解しているが、マグマが固結してできる火成岩はあまり揮発性物質を含むことができない。このため、固結の過程では大量の揮発性物質と熱が放出される。放出された物質は水を主とした流体(熱水とよばれる)となり、種々の金属や非金属を溶解し、冷却するにしたがってさまざまな鉱物を沈殿、濃集する。これが熱水鉱床で、錫(すず)、タングステン、モリブデン、銅、亜鉛、鉛、鉄、金、銀、マンガン、アンチモン、水銀、ウラン、蛍石(ほたるいし)(精錬原料)などの多様な鉱床がこの作用により形成される。
 酸素や水素の同位体の研究から、熱水はかならずしもマグマから放出されるものばかりではなく、地殻上部に入り込んだ地表水などがマグマにより温められ、熱水となるものがあることが知られている。地表水を起源とした熱水の発生も、マグマ活動に関係した重要な地質現象であり、このような熱水により生成される鉱床も火成鉱床とみなしうる。[島崎英彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

火成鉱床の関連キーワード火成作用混成作用マグマ分化作用テレマグマ鉱床マグマ変成作用正マグマ的静マグマ分化作用マグマ融食作用後マグマ性活動マグマの分化

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone