コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火明命 ほのあかりのみこと

大辞林 第三版の解説

ほあかりのみこと【火明命】

日本書紀に見える神。瓊瓊杵尊ににぎのみことの子。尾張連おわりのむらじなどの祖先。火照命ほでりのみこと
「播磨国風土記」に見える神。大己貴神おおあなむちのかみの子。あまりの気性の激しさに、この神のもとを逃げ出そうとした大己貴神の船を破壊した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

火明命の関連キーワード籠神社(こもりじんじゃ)飛騨一宮水無神社日本神話の神々籠神社・篭神社真清田神社木花開耶姫瓊瓊杵尊饒速日命大己貴神天火明命津守氏石凝姥籠神社明る

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android