コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木花開耶姫/木花之佐久夜毘売 コノハナノサクヤビメ

デジタル大辞泉の解説

このはなのさくや‐びめ【木花開耶姫/木花之佐久夜毘売】

日本神話にみえる女神。大山祇神(おおやまつみのかみ)の娘。天孫瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の妃。火照命(ほでりのみこと)彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)火明命(ほのあかりのみこと)の母。富士山の神とされ、浅間(せんげん)神社に祭られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木花開耶姫 このはなさくやひめ

記・紀にみえる神。
大山祇(おおやまつみの)神の娘。瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)と一夜をともにしただけで身ごもる。尊の疑いをはらすため,「尊の子であれば無事に生まれる」といって産屋(うぶや)に火をつけ,火闌降命(ほのすそりのみこと)(海幸彦),彦火火出見(ひこほほでみの)尊(山幸彦),火明(ほのあかりの)命を生んだ。別名に神吾田津(かんあたつ)姫。「古事記」では木花之佐久夜毘売,神阿多都比売。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

木花開耶姫

日本神話にみえる大山祇神の娘。『古事記』には,木花之佐久夜毘売と記される。瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)と結婚する。神吾田鹿葦津姫(『古事記』は神阿多都比売)の別名。本名のアタは薩摩国阿多郡(鹿児島県西部)にちなむ名で,カシも薩摩の地名という。『日本書紀』によれば,コノハナノサクヤヒメは,高天原から天降ったニニギに求婚され父に告げたところ,父はサクヤヒメに添えて姉の磐長姫(イワナガヒメ)も差し出した。しかしニニギはイワナガヒメが醜かったので送り返し,美人の妹と結婚した。姉はそれを恨み,「わたしをお召しになれば,子供は岩のように長生きしたでしょうに。妹だけをお選びしたからには,生まれる子供は木の花のようにはかなく散ってしまうでしょう」と呪った。サクヤヒメは,ニニギと一夜を共にして妊娠するが,ニニギが自分の子供かどうか疑ったので,産屋に火を放って出産し,天つ神の子であることを証明したという。 姉の呪いは,人間の命が短いことの由来とされているが,この姉妹の話は,インドネシアやニューギニア方面に広く分布する神話とよく似ている。それは,人間が神から石とバナナを贈られ,バナナだけを受け取ったので,人間の命は石のように長くは続かず,バナナのようにはかないものになったという神話で,バナナ型と呼ばれている。日本の神話でバナナが女性に変わっているのは,もともと,ニニギとカシツヒメの結婚話として形成されていた神話にバナナ型の要素を組み込ませ,生まれる子供の命の短さを語ろうとしたから。『古事記』では天皇の命のはかなさの起源とされているが,これはサクヤヒメが彦火火出見尊を生み,その孫に神武天皇が現れるという展開による。コノハナは桜の花といわれるが命のはかなさを象徴するには,バナナとくらべていかにも日本人の感性に合っている。サクヤヒメは,山の神の娘であることから富士山麓の浅間神社などに祭られ,はるか南方起源のこのバナナ型神話は,日本の自然と風土にみごとに溶け込んでいる。<参考文献>吉井巌『天皇の神話と系譜』

(西條勉)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

このはなのさくやびめ【木花開耶姫】

日本神話にみえる,乙女の美しさを花にたとえた説話上の名。別名,神吾田津姫(かみあたつひめ),鹿葦津姫(かあしつひめ)。《古事記》では木花之佐久夜毘売と記す。記紀の伝承によると,日向の高千穂の峰に天降った瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)は大山祇神(おおやまつみのかみ)の2人の娘と婚することとなるが,姉の磐長姫(いわながひめ)は顔が醜いので送り返し,妹のサクヤビメとだけ床を共にする。天皇の生命が木の花のようにはかないのはこのためだという。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

このはなのさくやびめ【木花開耶姫】

記紀神話の神。大山祇神おおやまつみのかみの娘で瓊瓊杵尊ににぎのみことの妃。火闌降命ほのすそりのみこと・彦火火出見尊ひこほほでみのみこと・火明命ほあかりのみことを生む。後世、富士の神として浅間神社にまつられ、また安産の神として信仰される。このはなさくやひめ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木花開耶姫
このはなさくやひめ

日本神話で、天孫瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)に求婚された山の神の娘。この求婚を喜んだ山の神は、「天孫の命が石のごとく永遠であれ、木の花が栄えるように栄えてあれ」と磐長姫(いわながひめ)と木花開耶姫の2姉妹を奉るが、磐長姫が醜いために天孫は木花開耶姫だけをめとる。それで天皇(『日本書紀』一書では人間)の命は有限なのであるという。この話は、人間が石から生まれずバナナから生まれたために死ぬようになったという、東南アジアの古層栽培民文化に成立した死の起源伝承に源をもつ。この人間の死の起源伝承を、『古事記』が天皇の死の起源伝承に置き換えたのは、神である天皇がなぜ死ぬかという問いに答えを用意する必要があったからである。なおこの結婚により、天孫は山の呪力(じゅりょく)(幸(さち))を加え、御子(みこ)は山幸彦(やまさちひこ)として誕生する。[吉井 巖]
『大林太良著『バナナ・タイプ』(『日本神話の起源』所収・1961・角川新書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の木花開耶姫/木花之佐久夜毘売の言及

【酒】より

…メソポタミアでは前4000年ころすでにシュメール人がビールをつくっていたと推定され,エジプトで前3000年ころビールを醸造していたハム語系の諸族は,五穀の神オシリスがビールを教えたと信じていた。中国では黄帝(こうてい)のときの宰人杜康が,また禹王(うおう)のとき儀狄(ぎてき)がはじめて酒をつくったといい,日本では木花開耶姫(このはなのさくやびめ)が狭名田(さなだ)の稲で天甜酒(あまのたむさけ)をつくったという。酒は農耕文化の特徴的な産物であり,農作に伴うかずかずの呪術(じゆじゆつ)的,宗教的儀礼に用いられ,農業神が酒神を兼ねることが多い。…

【浅間信仰】より

…そしてこの山神に対して〈浅間大神〉と命名している。後世浅間大神は,木花開耶姫(このはなのさくやびめ)と同一視された。この女神は神話上の美姫であり大山祇(おおやまつみ)命の女であり,天孫瓊瓊杵(ににぎ)尊の妃に位置づけられている。…

※「木花開耶姫/木花之佐久夜毘売」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

木花開耶姫/木花之佐久夜毘売の関連キーワード浅間神社(あさまじんじゃ 富士山を信仰対象とした神社)浅間神社(あさまじんじゃ 山梨県の神社)日向系神話(ひゅうがけいしんわ)瓊瓊杵命・邇邇芸命・迩迩藝命北口本宮冨士浅間神社冨士御室浅間神社吉田の火祭りのろい(呪)富士浅間神社火須勢理命富士信仰須須神社狭野神社火遠理命記紀神話箱根神社火照命子安神浅間造難波

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android