コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火水成 かすいせいaqueoigneous

岩石学辞典の解説

火水成

水分に富んだマグマから形成された鉱物または岩石に用いる語で,水溶液は生成された鉱物や岩石のタイプに直接関係している.ペグマタイトなどがその例である[Johannsen : 1931].ハイダトパイロジェニック(hydatopyrogenic),水深成(hydroplutonic)と同じ意味である.マグマが固結する末期に水分に富んだ溶液から沈澱生成した鉱物類およびそれらの鉱物からなる岩石などに用いられる語で,その際の鉱物類生成の過程を表わすのにも用いられる[渡辺編 : 1935].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

火水成の関連キーワード火水成リクイファクション

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android