コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灯明寺畷 トウミョウジナワテ

デジタル大辞泉の解説

とうみょうじ‐なわて〔トウミヤウジなはて〕【灯明寺畷】

延元3=暦応元年(1338)新田義貞が戦死した古戦場。福井市灯明寺町にある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の灯明寺畷の言及

【藤島の戦】より

…しかし義貞は叡山の衆徒とも結んだので,叡山と多年藤島荘の領有を争っていた平泉寺衆徒は高経に加勢した。義貞は閏7月2日,同寺衆徒のこもる藤島城を攻めるため出撃したが,灯明寺畷(とうみようじなわて)で高経の部将細川出羽守らと遭遇し,矢傷を負ってたおれ,自害した。高経は義貞の遺骸を往生院(坂井郡丸岡町の称念寺)に葬り,首級を京都に送ったという。…

※「灯明寺畷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

灯明寺畷の関連キーワード新田義貞と福井延元

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android