コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暦応 リャクオウ

6件 の用語解説(暦応の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

りゃくおう【暦応】

南北朝時代、北朝光明天皇の時の年号。1338年8月28日~1342年4月27日。れきおう。

れきおう【暦応】

りゃくおう(暦応)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の元号がわかる事典の解説

りゃくおう【暦応】

日本の元号(年号)。室町時代南北朝時代)の1338年から1342年まで、光明(こうみょう)天皇の代の北朝が使用した元号。前元号は建武(けんむ)。次元号は康永(こうえい)。1338年(建武5)8月28日改元。光明天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『帝王代記(ていおうだいき)』を出典とする命名。暦応年間の南朝の天皇は後醍醐(ごだいご)天皇、後村上(ごむらかみ)天皇。南朝では、延元(えんげん)(1336~1340年)、興国(こうこく)(1440~1346年)の元号を使用していた。室町幕府の将軍は足利尊氏(たかうじ)(初代)。1338年(延元3/暦応1)8月、南朝の重臣北畠親房(ちかふさ)らは、後醍醐(ごだいご)天皇の皇子の義良(のりよし)親王(後の後村上天皇)と宗良(むねよし)親王を奉じて、伊勢国大湊から海路、東国に向けて出帆したが、途中で難破して親房は常陸(ひたち)国に、宗良は遠江(とおとうみ)国に漂着し、義良は吉野に戻った。親房は常陸国で幕府・北朝勢力と戦いつつ、『神皇正統(じんのうしょうとう)記』を執筆した。同じ頃、九州には皇子の懐良(かねよし)親王が派遣されている。後醍醐が皇子を日本各地に派遣したのは、南朝勢力を糾合して各地に反攻の拠点を作るためだった。しかし、後醍醐はその最中の1339年(延元4/暦応2)に崩御し、後村上天皇が皇位を継承した。◇「れきおう」とも読む。

れきおう【暦応】

⇒暦応(りゃくおう)

出典|講談社
日本の元号がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

暦応の関連情報