コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暦応 リャクオウ

大辞林 第三版の解説

りゃくおう【暦応】

北朝の年号(1338.8.28~1342.4.27)。建武の後、康永の前。光明こうみよう天皇の代。れきおう。

れきおう【暦応】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

りゃくおう【暦応】

日本の元号(年号)。室町時代(南北朝時代)の1338年から1342年まで、光明(こうみょう)天皇の代の北朝が使用した元号。前元号は建武(けんむ)。次元号は康永(こうえい)。1338年(建武5)8月28日改元。光明天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『帝王代記(ていおうだいき)』を出典とする命名。暦応年間の南朝の天皇は後醍醐(ごだいご)天皇、後村上(ごむらかみ)天皇。南朝では、延元(えんげん)(1336~1340年)、興国(こうこく)(1440~1346年)の元号を使用していた。室町幕府の将軍は足利尊氏(たかうじ)(初代)。1338年(延元3/暦応1)8月、南朝の重臣北畠親房(ちかふさ)らは、後醍醐(ごだいご)天皇の皇子の義良(のりよし)親王(後の後村上天皇)と宗良(むねよし)親王を奉じて、伊勢国大湊から海路、東国に向けて出帆したが、途中で難破して親房は常陸(ひたち)国に、宗良は遠江(とおとうみ)国に漂着し、義良は吉野に戻った。親房は常陸国で幕府・北朝勢力と戦いつつ、『神皇正統(じんのうしょうとう)記』を執筆した。同じ頃、九州には皇子の懐良(かねよし)親王が派遣されている。後醍醐が皇子を日本各地に派遣したのは、南朝勢力を糾合して各地に反攻の拠点を作るためだった。しかし、後醍醐はその最中の1339年(延元4/暦応2)に崩御し、後村上天皇が皇位を継承した。◇「れきおう」とも読む。

れきおう【暦応】

⇒暦応(りゃくおう)

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

暦応の関連キーワード大高坂松王丸万里小路嗣房中御門経宣神皇正統記隆雅(1)二階堂行直花山院長定税所宗円相良景宗高津長幸小串範秀菊池武重塩冶高貞今川頼貞九条朝光二条為遠八幡六郎山城宗村土佐長章中原師守

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android