コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

延元 エンゲン

3件 の用語解説(延元の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えんげん【延元】

南北朝時代、南朝後醍醐天皇後村上天皇の時の年号。1336年2月29日~1340年4月28日。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

えんげん【延元】

南朝の年号(1336.2.29~1340.4.28)。建武の後、興国の前。後醍醐ごだいご・後村上天皇の代。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典の解説

えんげん【延元】

日本の元号(年号)。室町時代南北朝時代)の1336年から1340年まで、後醍醐(ごだいご)天皇、後村上(ごむらかみ)天皇の代の南朝が使用した元号。前元号は建武(けんむ)。次元号は興国(こうこく)。1336年(建武3)2月29日改元。兵革(へいかく)(戦乱)を理由とした改元だが、足利方・北朝(持明院統(じみょういんとう))はこの改元を認めず、引き続き「建武」の元号を使用した。『梁書(りょうしょ)』を出典とする命名。延元年間の北朝の天皇は光明(こうみょう)天皇。北朝では建武(けんむ)(1334~1338年)、暦応(りゃくおう)(1338~1342年)の元号を使用した。同年間の室町幕府の将軍は足利尊氏(たかうじ)(初代)。1336年(建武3/延元1)、湊川の戦いに勝利した尊氏は、京都を制圧して光明天皇を擁立し室町幕府を開いた。幽閉された後醍醐天皇は京都を脱出して吉野に逃れ、朝廷(南朝)を建てた。これにより、南朝・北朝の2つの朝廷が併立する時代(南北朝時代)が始まった。後醍醐は1339年(暦応2/延元4)8月15日、病の中で後村上天皇に譲位し、その翌日に崩御した。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

延元の関連キーワード永和嘉慶康安康永康応至徳貞治文和明徳吉野朝時代

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

延元の関連情報