コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灰貝(読み)ハイガイ

大辞林 第三版の解説

はいがい【灰貝】

海産の二枚貝。貝殻は長方形に近く殻長約5センチメートル。表面は放射状の溝が一八本内外ある。肉は赤く食用。殻を焼いて貝灰としたのでこの名がある。瀬戸内海以南の内湾の泥底にすむ。チンミ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

灰貝 (ハイガイ)

学名:Tegillarca granosa
動物。フネガイ科の二枚貝

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android