コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炉開き ロビラキ

デジタル大辞泉の解説

ろ‐びらき【炉開き】

冬になって初めて囲炉裏(いろり)または茶事の炉を開いて用いること。茶の湯では、10月の終わりから11月初めにかけて行う。また、その行事。 冬》「―や仏間に隣る四畳半/漱石」⇔炉塞(ろふさ)ぎ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ろびらき【炉開き】

茶の湯で、風炉ふろの使用をやめて炉を使い始めること。普通、陰暦10月の初亥の日に開く。開炉。また一般に、寒くなって炉を使い始めること。 ↔ 炉塞ふさ[季] 冬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

炉開きの関連キーワード囲炉裏いろり四畳半炉塞ぎふさ仏間開き茶会

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

炉開きの関連情報