コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

囲炉裏 イロリ

4件 の用語解説(囲炉裏の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いろり〔ゐろり〕【囲炉裏】

室内の床の一部を四角に切り抜いて火をたくようにした場所。暖房・煮炊きに用いる。炉。 冬》「大原女の足投げ出して―哉/召波」
[補説]「囲炉裏」は当て字

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

囲炉裏【いろり】

炊事兼暖房用の屋内の炉。3〜6尺四方または長方形。炉を囲む席は,土間から見て奥が家長専用の横座,その左右が主婦のすわるかか座(北座)と客人・長男・婿のすわる客座(向座),土間寄りが下男下女の木尻と定まっている。
→関連項目暖房

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

いろり【囲炉裏】

室内の床を四角に切って火を燃やし、暖をとったり煮たきをしたりする所。炉。ゆるり。 [季] 冬。 《 大原女の足投出して-かな /召波 》 〔「囲炉裏」は当て字〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

いろり【囲炉裏】

民家の床の一部を四角く切って火をたけるようにした設備。灰を敷きつめ、その上で炭や薪を燃やし、食物の煮炊(にた)きや暖房などに使う。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

囲炉裏の関連キーワード灯火放熱器四方流れ炊事暖房装置平坪暖房器具暖房車地域暖房FF暖房

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

囲炉裏の関連情報