茶事(読み)チャゴト

デジタル大辞泉の解説

ちゃ‐ごと【茶事】

寄り集まって茶を飲むこと。茶菓を供して話し興じること。
先祖や父母の命日に、親戚や知人を招き、茶菓を供すること。

ちゃ‐じ【茶事】

茶の湯で、懐石を伴った客のもてなし
茶の湯に関する事柄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ちゃじ【茶事】

茶の湯で来客を接待することを茶事と称するが,それは単に抹茶を点(た)て,供するだけでなく,必ず懐石(簡単な食事)を伴う。茶の湯,さらに茶の会(茶会)とは,喫茶のための会と認識されているが,それは大きな誤解であって,茶の湯は呈茶とともに,茶の湯の食事(懐石)を包摂するものなのである。そしてこの食事が,いわゆる饗応の膳部料理と,基本的に発想を異にするのであって,一時の空腹をしのぐための懐石料理であることが重要である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さじ【茶事】

ちゃごと【茶事】

寄り合って茶を飲むこと。また、茶菓を飲み食いしながら興ずること。
祖先・父母などの忌日に、茶菓を用意して親戚・知人を招くこと。また、法事のあとの酒盛り。

ちゃじ【茶事】

茶の湯に関する事柄。また、茶会。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さ‐じ【茶事】

〘名〙
① 茶の湯。茶道。
※叢書本謡曲・治親(1465頃か)「親にて候者の茶事(サジ)を興行申し」 〔皮日休‐茶経序〕
② 茶を製する仕事。〔品茶要録‐一采造過時〕

ちゃ‐ごと【茶事】

〘名〙
① 先祖・父母の忌日に、ぼた餠などをつくり、茶をたてて、親戚・知人などを招くこと。伊勢地方でいう。
※俳諧・犬子集(1633)一四「真砂ほどくふいり大豆の 爰かしこ浜辺の里に茶ことして〈玄礼〉」
② 寄り合って茶を飲むこと。茶菓を飲み食いしながら話し興じること。ちゃじ。
浮世草子・好色二代男(1684)七「茶事(チャごと)の花餠などして」

ちゃ‐じ【茶事】

〘名〙 茶をたてて飲むこと。また、茶菓などを供して話し興じる茶会を催すこと。
※太平記(14C後)三三「此の茶事過て又博奕をして遊びけるに」 〔皮日休‐茶中雑詠序〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の茶事の言及

【懐石】より

…茶の湯の席で,茶事の一部として饗される食事。懐石(会席)料理ともいう。…

【点前】より

…この場合は〈点ずる〉の文字を用いず,〈手前〉と書くが,〈てまえ〉の意味内容はまったく同じといってよい。さらに,茶の湯で客をもてなすことを〈茶事〉と称するが,この茶事を構成する,懐石(料理),炭手前,濃茶・薄茶点前,の全体をも広義の〈点前〉と解することができる。だがこれを〈茶事の点前〉とはいわず,客側からとらえて〈茶事の作法〉とするほうが分かりやすい。…

※「茶事」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

茶事の関連情報