コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炭疽病(アルファルファ)

1件 の用語解説(炭疽病(アルファルファ)の意味・用語解説を検索)

飼料作物病害図鑑の解説

炭疽病(アルファルファ)

夏から秋に発生する、暖地で被害の大きい糸状菌病。葉、葉柄、茎に発生し、黄褐色、紡錘形、少しくぼみ、中央部に黒いかび(剛毛)を生じた病斑となる。病斑部から上は萎れてしまうことが多く、激発時には株枯となる。病原菌はクローバにも寄生する。

出典|畜産草地研究所
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

炭疽病(アルファルファ)の関連キーワード褐斑病(トウモロコシ)葉焼病(ソルガム・スーダングラス)斑点病(ライムギ)黒さび病(オーチャードグラス)いもち病(フェスク)斑点病(チモシー)ダラースポット病(ベントグラス)炭疽病(アカクローバ)汚斑病(シロクローバ)炭疽病(サブタレニアンクローバ)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone