コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

剛毛 ゴウモウ

デジタル大辞泉の解説

ごう‐もう〔ガウ‐〕【剛毛】

かたい毛。こわい毛。また、環形動物昆虫の太くて短いキチン質の毛状突起。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごうもう【剛毛】

かたい毛。こわい毛。 ↔ 柔毛

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の剛毛の言及

【毛】より

…ただ一つ,西アフリカ産の両生類ケガエルの胴の両側から大腿部にかけて1列に生えている〈毛〉は角質化した組織ではなく,皮膚の伸び出した生活組織で,えらのように呼吸機能をもつのであろうと考えられている。 特殊な毛としては,口の上にみられるひげ(ネコやネズミのひげ)や目の上の剛毛があるが,これらは毛囊鞘(もうのうしよう)中に血脈洞があり,感覚神経の末端が入りこんで一種の感覚器をなしているので,血洞毛,触毛,感覚毛などと呼ばれる。モグラ類では手首に,コウモリ類では飛膜にもあるが,ヒトにはない。…

【毛皮】より

…毛根から発生し,毛の外側は鱗片状の毛表皮(または毛小皮,クチクラ)に覆われ,内部に毛皮質,中軸に毛髄質,気室がある。動物の毛は剛毛,粗毛(刺毛(さしげ)),綿毛の3種に区別される。剛毛は動物の口ひげにみられ,平滑でまっすぐに伸び,数は少ない。…

※「剛毛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

剛毛の関連キーワードワイアーヘアード・ハンガリアン・ビズラボスニアン・ラフコーテッド・ハウンド炭疽病(ソルガム・スーダングラス)ミツバチシラミバエ(蜜蜂虱蠅)炭疽病(ベルベットグラス)アイリッシュウルフハウンドミズヒキゴカイ(水引沙蚕)ケラマツツジ(慶良間躑躅)ブリュッセル・グリフォンムシヒキアブ(食虫虻)炭疽病(トウモロコシ)セチュレイト・ステージベルジアン・グリフォンジャーマン・スパニエルネコノシタ(猫の舌)ドロワムシ(泥輪虫)ヒトエカンザシゴカイカサネカンザシゴカイウミケムシ(海毛虫)炭疽病(エンバク)