剛毛(読み)ゴウモウ

精選版 日本国語大辞典の解説

ごう‐もう ガウ‥【剛毛】

〘名〙
① かたい毛。こわい毛。
※飼育(1958)〈大江健三郎〉「背に剛毛の生えた太い指で」
哺乳類の毛のうち、あらく堅いもの。ブタの毛など。毛皮についてもいう。〔生物学語彙(1884)〕
※失われた男(1966)〈田村泰次郎〉「頭部から背中にかけて、黒い剛毛が密生している、〈略〉仔犬であった」
多毛類付属肢や昆虫の腹部などにみられる比較的太い毛状物。
④ 担子菌類の子実層から現われる褐色の菌糸の末端細胞。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の剛毛の言及

【毛】より

…ただ一つ,西アフリカ産の両生類ケガエルの胴の両側から大腿部にかけて1列に生えている〈毛〉は角質化した組織ではなく,皮膚の伸び出した生活組織で,えらのように呼吸機能をもつのであろうと考えられている。 特殊な毛としては,口の上にみられるひげ(ネコやネズミのひげ)や目の上の剛毛があるが,これらは毛囊鞘(もうのうしよう)中に血脈洞があり,感覚神経の末端が入りこんで一種の感覚器をなしているので,血洞毛,触毛,感覚毛などと呼ばれる。モグラ類では手首に,コウモリ類では飛膜にもあるが,ヒトにはない。…

【毛皮】より

…毛根から発生し,毛の外側は鱗片状の毛表皮(または毛小皮,クチクラ)に覆われ,内部に毛皮質,中軸に毛髄質,気室がある。動物の毛は剛毛,粗毛(刺毛(さしげ)),綿毛の3種に区別される。剛毛は動物の口ひげにみられ,平滑でまっすぐに伸び,数は少ない。…

※「剛毛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

剛毛の関連情報