コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

為房卿記 ためふさきょうき

1件 の用語解説(為房卿記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ためふさきょうき【為房卿記】

参議藤原為房の日記。大蔵卿の職にあったことから,その唐名〈大府卿〉によって《大府記》《大記》などともいう。記事は1072年(延久4)より1104年(長治1)に及ぶが,中間の欠逸が多い。また諸書に引かれた逸文が少なくない京都大学所蔵勧修寺本のうちに自筆本1巻,古写本5巻,陽明文庫宮内庁書陵部伏見宮本のうちに古写本各1巻が伝わり,東洋文庫広橋本中にも《大府記抄》と題する古写本1巻がある。【吉岡 真之】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

為房卿記の関連キーワード大蔵卿三房藤原為房藤原定経藤原定長(1)藤原為隆藤原親隆藤原親房藤原雅隆藤原泰通

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone