コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

為房卿記 ためふさきょうき

世界大百科事典 第2版の解説

ためふさきょうき【為房卿記】

参議藤原為房の日記。大蔵卿の職にあったことから,その唐名〈大府卿〉によって《大府記》《大記》などともいう。記事は1072年(延久4)より1104年(長治1)に及ぶが,中間の欠逸が多い。また諸書に引かれた逸文が少なくない。京都大学所蔵勧修寺本のうちに自筆本1巻,古写本5巻,陽明文庫,宮内庁書陵部伏見宮本のうちに古写本各1巻が伝わり,東洋文庫広橋本中にも《大府記抄》と題する古写本1巻がある。【吉岡 真之】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

為房卿記の関連キーワード勧修寺家文書熊野参詣道甘露寺家永昌記

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android