為房卿記(読み)ためふさきょうき

世界大百科事典 第2版の解説

ためふさきょうき【為房卿記】

参議藤原為房の日記。大蔵卿の職にあったことから,その唐名〈大府卿〉によって《大府記》《大記》などともいう。記事は1072年(延久4)より1104年(長治1)に及ぶが,中間の欠逸が多い。また諸書に引かれた逸文が少なくない。京都大学所蔵勧修寺本のうちに自筆本1巻,古写本5巻,陽明文庫,宮内庁書陵部伏見宮本のうちに古写本各1巻が伝わり,東洋文庫広橋本中にも《大府記抄》と題する古写本1巻がある。【吉岡 真之】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android