コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原為房 ふじわらのためふさ

6件 の用語解説(藤原為房の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤原為房
ふじわらのためふさ

[生]永承4(1049).京都
[没]永久3(1115).4.2. 京都
平安時代の廷臣。隆方の子。母は平行親の娘。左近将監,遠江守,防鴨河使 (ぼうかし) ,周防介,左少弁,加賀守などを歴任,寛治6 (1092) 年彼の下人が日吉社神人 (じにん) を凌轢した罪で解官され,阿波権守に左遷された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

藤原為房【ふじわらのためふさ】

平安後期の高官。但馬守隆方の子,母は右衛門権佐平行親の女(むすめ)。1071年以来,蔵人として後三条・白河・堀河・鳥羽4朝にわたり天皇の側近に仕え,その間,権左少弁,左少弁を兼務,また遠江・加賀・尾張の国守を歴任した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原為房 ふじわらの-ためふさ

1049-1115 平安時代後期の公卿(くぎょう)。
永承4年生まれ。藤原隆方の長男。鳥羽(とば)天皇の蔵人頭(くろうどのとう),摂関家の家司(けいし),白河院の別当として活躍。天永2年(1111)参議となり,3年大蔵卿を兼任。正三位にいたる。勧修寺(かじゅうじ)家の基盤をきずき,博学で大江匡房(まさふさ),藤原伊房(これふさ)とともに「前(さき)の三房(さんぼう)」と称される。永久3年4月2日死去。67歳。日記に「為房卿記」,儀式書に「撰集(せんじゅう)秘記」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原為房

没年:永久3.4.2(1115.4.27)
生年:永承4(1049)
平安時代の公卿。但馬守隆方と平行親の娘の子。後三条・白河天皇の近臣で,譲位後は院司として仕える一方,蔵人・弁官を勤め,遠江守・加賀守などの受領を歴任。また摂関家の藤原師実・師通の家司を勤める。寛治6(1092)年為房の下人が日吉社の神人に乱暴を働いたとして訴えられ,阿波に配流されるが,翌年許されて帰京。鳥羽天皇の蔵人頭を経て天永2(1111)年参議,その後大蔵卿を兼ねる。藤原高藤の子孫である勧修寺流では久々に公卿にのぼり,息子の為隆,顕隆ら以後の一門が繁栄する基礎を築いた。後世には博識の人物として高を評を得,大江匡房,藤原伊房と並び「前の三房」と称された。著書に『撰集秘記』『貫首抄』『装束抄』など,日記に『為房卿記(大府記)』がある。<参考文献>橋本義彦『平安貴族社会の研究』,河野房雄『平安末期政治史研究』

(吉田早苗)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふじわらのためふさ【藤原為房】

1049‐1115(永承4‐永久3)
平安後期の公卿。但馬守隆方の長男。母は右衛門権佐平行親の女。1071年(延久3)六位蔵人となって後三条天皇に近侍して以来,白河・堀河両朝の五位蔵人,鳥羽朝の蔵人頭兼内蔵頭として4朝にわたり天皇の側近に仕え,その間,権左少弁,左少弁を兼ね,また遠江,加賀,尾張の国守を歴任し,1111年(天永2)ついに参議に昇り,ついで大蔵卿を兼ねた。一方,後三条院の判官代,白河院の別当に補されるとともに,師実,師通2代の家司として摂関家の家政を執った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤原為房
ふじわらのためふさ

平安後期の公卿。父は但馬守隆方(たかかた)、母は右衛門権佐(うえもんのごんのすけ)平行親(ゆきちか)の女(むすめ)。五位蔵人(ごいのくろうど)、左少弁、修理権大夫(しゅりのごんのだいぶ)などを歴任し、1107年(嘉承2)鳥羽天皇の蔵人頭(くろうどのとう)兼内蔵頭(くらのかみ)となる。1111年(天永2)参議、1113年(永久1)には従三位に叙せられた。この間、白河院院庁別当、摂関家の師実(もろざね)・師通(もろみち)の家司(けいし)も務めるなど、天皇家・摂関家ともにその抜群な実務能力に大きな信頼を寄せた。勧修寺(かじゅうじ)流藤原氏繁栄の基礎を築き、同流長者も為房の系統が独占することになる。子孫は吉田・甘露寺(かんろじ)・清閑寺(せいかんじ)・坊城(ぼうじょう)などの家に分かれた。日記『為房卿記』は六位蔵人となった1071年(延久3)から断続的に1114年(永久2)まで現存する。『撰集秘抄』『貫首抄』『装束抄』などの儀式書を著した。[美川 圭]
『橋本義彦著『平安貴族社会の研究』(1976・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の藤原為房の言及

【三房】より

…時代の違いにより前三房と後三房とがある。前三房は平安時代の摂関期から院政期にかけて活躍した藤原伊房(これふさ),大江匡房(まさふさ),藤原為房。伊房は名筆として有名な藤原行成の孫で書家として高名なだけでなく,後三条天皇,白河天皇に仕えて実務家としても腕を振るった。…

【為房卿記】より

…参議藤原為房の日記。大蔵卿の職にあったことから,その唐名〈大府卿〉によって《大府記》《大記》などともいう。…

※「藤原為房」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

藤原為房の関連キーワード高倉永宣和歌四式公卿給柳生但馬守百済勝義輔世王高階経時藤原親光藤原光隆藤原頼房

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone