大蔵卿(読み)おおくらきょう(英語表記)Lord Treasurer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大蔵卿
おおくらきょう
Lord Treasurer

イギリスの財務府高官。起源は中世にあるが,近代国家の公職としては,16世紀後半に大蔵省 Treasuryが財政官庁 Exchequerから分離したあとに発達。それを受けて 1714年以降常に複数の大蔵委員が任じられることになり,その首席,大蔵総裁 First Lord of the Treasuryは首相となっていった。財政担当大臣の職は財務府長官 Chancellor of the Exchequerがつとめたが,19世紀前半まで首相が下院議員のときはこれを兼任した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大蔵卿の関連情報