コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大蔵卿 おおくらきょうLord Treasurer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大蔵卿
おおくらきょう
Lord Treasurer

イギリスの財務府高官。起源は中世にあるが,近代国家の公職としては,16世紀後半に大蔵省 Treasuryが財政官庁 Exchequerから分離したあとに発達。それを受けて 1714年以降常に複数の大蔵委員が任じられることになり,その首席,大蔵総裁 First Lord of the Treasuryは首相となっていった。財政担当大臣の職は財務府長官 Chancellor of the Exchequerがつとめたが,19世紀前半まで首相が下院議員のときはこれを兼任した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

おおくらきょう【大蔵卿】

明治初年、大蔵省の長官の称。
律令制の大蔵省の長官。おおくらのかみ。

おおくらのかみ【大蔵卿】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

大蔵卿の関連キーワード公名・君名・卿名鬼一法眼三略巻大久保利通東坊城長清フォックス伊達 宗城東坊城長遠敏し・聆し東坊城長淳持明院基家東坊城長綱ダンビー伯勧修寺経茂伏原宣条菅原為長日野光国大原桜井松平慶永佐伯真守大野治房

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大蔵卿の関連情報