コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

為次 ためつぐ

2件 の用語解説(為次の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

為次 ためつぐ

?-? 平安後期-鎌倉時代の刀工。
備中(びっちゅう)(岡山県)古青江派。国宝の「狐ケ崎(きつねがさき)」号の太刀の製作者。この太刀は正治(しょうじ)2年(1200)吉香(きっか)友兼が梶原景時一族を討つ際に使用したとつたえられる完存の名刀。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

為次

生年:生没年不詳
平安末期・鎌倉初期の備中(岡山県)古青江派の刀工。江戸時代の刀剣書の多くは守次の子で時代を承元(1207~11)ごろとしている。代表作に岩国の吉川家に伝来する国宝の太刀があるが,これは正治2(1200)年,駿河国(静岡県)狐が崎で,吉香友兼が鎌倉幕府の命を受け,謀反を企てた梶原景時一族を討伐した際に身につけていたものと伝える。製作当初の形姿をよくとどめ,板目鍛えに中直刃を焼いた作風,茎の大筋違の鑢目,佩裏に銘を切ることなども古青江の特徴をよく表している。また,鎌倉時代にも同派で同銘を名乗るものがいる。<参考文献>東京国立博物館編『備中青江の名刀』

(原田一敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

為次の関連キーワード栄西随兵備中物青江物包平正恒貞次(2)恒次正恒(1)正恒(2)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

為次の関連情報