為次(読み)ためつぐ

朝日日本歴史人物事典の解説

為次

生年:生没年不詳
平安末期・鎌倉初期の備中(岡山県)古青江派の刀工。江戸時代の刀剣書の多くは守次の子で時代を承元(1207~11)ごろとしている。代表作に岩国の吉川家に伝来する国宝の太刀があるが,これは正治2(1200)年,駿河国(静岡県)狐が崎で,吉香友兼が鎌倉幕府の命を受け,謀反を企てた梶原景時一族を討伐した際に身につけていたものと伝える。製作当初の形姿をよくとどめ,板目鍛えに中直刃を焼いた作風,茎の大筋違の鑢目,佩裏に銘を切ることなども古青江の特徴をよく表している。また,鎌倉時代にも同派で同銘を名乗るものがいる。<参考文献>東京国立博物館編『備中青江の名刀』

(原田一敏)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android