コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

為次 ためつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

為次 ためつぐ

?-? 平安後期-鎌倉時代の刀工。
備中(びっちゅう)(岡山県)古青江派。国宝の「狐ケ崎(きつねがさき)」号の太刀製作者。この太刀は正治(しょうじ)2年(1200)吉香(きっか)友兼が梶原景時一族を討つ際に使用したとつたえられる完存の名刀

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

為次

生年:生没年不詳
平安末期・鎌倉初期の備中(岡山県)古青江派の刀工。江戸時代の刀剣書の多くは守次の子で時代を承元(1207~11)ごろとしている。代表作に岩国の吉川家に伝来する国宝の太刀があるが,これは正治2(1200)年,駿河国(静岡県)狐が崎で,吉香友兼が鎌倉幕府の命を受け,謀反を企てた梶原景時一族を討伐した際に身につけていたものと伝える。製作当初の形姿をよくとどめ,板目鍛えに中直刃を焼いた作風,茎の大筋違の鑢目,佩裏に銘を切ることなども古青江の特徴をよく表している。また,鎌倉時代にも同派で同銘を名乗るものがいる。<参考文献>東京国立博物館編『備中青江の名刀』

(原田一敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

為次の関連キーワード一瓢庵関里(9代)半田 道玄関山 利一瀬越 憲作5月24日島村 俊広谷口 廻瀾角倉玄寧関山利一瀬越憲作稲室足穂鎌倉景政木谷 実片桐且昭谷口廻瀾半田道玄箱根関瓊韻社金沢柵備中物

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android