コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正治 ショウジ

大辞林 第三版の解説

しょうじ【正治】

年号(1199.4.27~1201.2.13)。建久の後、建仁の前。土御門つちみかど天皇の代。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の元号がわかる事典の解説

しょうじ【正治】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1199年から1201年まで、土御門(つちみかど)天皇の代の元号。前元号は建久(けんきゅう)。次元号は建仁(けんにん)。1199年(建久10)4月27日改元。土御門天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『荘子(そうじ)』を出典とする命名。この時期、朝廷では後鳥羽(ごとば)上皇による院政が行われていた。正治年間の鎌倉幕府の将軍は空位。源頼朝(よりとも)(初代)は、前年の落馬がもとで1199年(正治1)に急死し、嫡子の源頼家(よりいえ)が家督を相続した。頼家の征夷大将軍宣下(将軍就任)は1202年(建仁2)になる。

出典|講談社日本の元号がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

正治の関連情報