コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無定形物質 ムテイケイブッシツ

4件 の用語解説(無定形物質の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

むていけい‐ぶっしつ【無定形物質】

結晶状態にある物質に対し、非晶質状態にある物質のこと。硫黄炭素の粉末、ガラスなど。無定形状態にあるものをアモルファスともよぶ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

むていけいぶっしつ【無定形物質】

構成粒子が規則的な配列をせずに集まってできている固体物質。融解・凝固が一定の温度で起こらず、連続的変化を示す。ガラス・ゴム、多くの有機高分子物質などがある。微小結晶の集合体も一般にこれに含める。半導体・磁性体など新素材として利用されているものも多い。無定形質。非晶質。 → アモルファス物質

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone