硝子(読み)ガラス(英語表記)〈オランダ〉glas

  • しょうし セウ‥
  • しょうし〔セウ〕

デジタル大辞泉の解説

液体を溶融状態から冷却したとき、結晶せずに固化し、原子の配列が液体に似た不規則な状態になっている物質。三次元無規則網目構造をなす。珪酸塩(けいさんえん)ガラス・ソーダ石灰ガラス・鉛ガラスなどがあり、ポリスチレンポリエチレンでもみられ、天然には黒曜石琥珀(こはく)などがある。
特に、珪酸塩ガラスのこと。透明で、もろい。建築材料・食器などに使われる。玻璃(はり)。ギヤマン。ビードロ。
もろく壊れやすいもののたとえ。「ガラスあご
ガラスのこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (glas)
① かたく、もろく、透明な物質で、通常、珪砂(けいさ)、炭酸ソーダ、石灰などを混ぜて高温で溶かし、急冷して製したもの。色ガラスは金属の酸化物を混ぜて製する。酸化コバルト(藍色)、酸化マンガン(紫色)、酸化第一銅(赤色)、酸化第二銅(金・緑色)などを用いる。建築材料や食器、瓶(びん)そのほか多くの器具に作られ、用途は広い。玻璃(はり)。ビードロ。ギヤマン。〔物類品隲(1763)〕
② 「ガラスうつし(━写)」の略。
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉二「むかふの写真屋へみんなをつれておしあがってげいしゃとも七人いちどにガラス一枚へうつさして」
③ もろく、こわれやすいもののたとえにいう。「ガラスのハート」
[語誌](1)江戸時代は、もっぱら「ビードロ」が用いられ、のちには「ギヤマン」も使われたが、「ガラス」が一般化し、「ビードロ」「ギヤマン」を追いやった。
(2)「硝子」という表記も、最初は「ビードロ」に当てたもので、のちに「ガラス」と読むようになった。
〘名〙 ガラス。玻璃(はり)。ビードロ。ギヤマン。〔訓蒙図彙(1666)〕 〔本草綱目‐金石部・水精〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

硝子の関連情報