コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無得心 ムトクシン

デジタル大辞泉の解説

む‐とくしん【無得心】

[名・形動ナリ]《「むどくしん」とも》
得心しないこと。納得できないこと。また、そのさま。不得心。
「異見言うても嘆いても、聞き入れ給はぬ―」〈浄・矢口渡
道理や人情にそむくこと。また、そのさま。非道。不人情。
「あの様な―な人もめったにないものぢゃ」〈松翁道話・初〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

むとくしん【無得心】

( 名 ・形動ナリ )
〔「むどくしん」とも〕
得心しないこと。承知しないこと。 「異見いうても歎いても聞き入れ給はぬ-/浄瑠璃・神霊矢口渡」
道理に合わない・こと(さま)。不人情。無道。 「余りといへば親ながら、-なるお心や/浄瑠璃・五十年忌

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

無得心の関連キーワード神霊矢口渡浄瑠璃

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android