無気音(読み)むきおん

大辞林 第三版の解説

むきおん【無気音】

閉鎖を開放する際に、気息を伴わない子音。例えば、日本語では「シカ(鹿)」のカが無気音であるのに対し、語頭に立つ「カタ(肩)」のカは有気音となる。 ⇔ 有気音

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の無気音の言及

【音声学】より

…中国語でも[p‘i]〈皮〉のように有気閉鎖音が用いられる。なお気音を伴わないものを無気音(無帯気音)と呼ぶ。(b)破擦音affricate 閉鎖の開放がゆるやかに行われると摩擦音が生じる。…

※「無気音」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android